院長あいさつ

院長 野田 真由美(のだ まゆみ)

 現在、医療の進歩とともに高齢者は増加の一途をたどっています。このような変化の中で医療は機能分化が進み、「病院」は紹介を中心に入院・手術を負担し、外来診療は「かかりつけ医」としての「クリニック」で行う方向が打ち出されました。

 また、慢性疾患を中心とした長期入院に至った患者様は病院での入院の限界から、その後の療養先で悩まされているのも現状です。当クリニックではこの2つのポイントに重点を置き、皆様の「かかりつけ医」としての役割を目指すとともに、慢性疾患、がん疾患の在宅診療も患者様本人、ご家族の意向を主体として積極的に行っております。

 当クリニックでは野田外科胃腸科として先代が30年築いてきた「かかりつけ医」の精神を受け継ぎ、暖かく信頼できる患者様に近いクリニックを目指し邁進していく所存です。お気軽にご利用ください。

経歴

昭和51年
54年
平成  6年
12年
同年
19年
22年
同年
岩手県盛岡市生まれ
盛岡から福島市へ転居
福島県立福島女子高校卒業
東京女子医科大学卒業
東京女子医科大学  循環器科入局
東京女子医科大学大学院卒業  医学博士
福島県立医科大学循環器血液内科入局
当クリニック院長就任

所属学会

日本循環器学会
日本内科学会
心臓病学会
日本動脈硬化学会
ページのトップへ戻る
  • トップページ
  • 病院からのお知らせ
  • 院長あいさつ
  • 医師のご紹介
  • 当院の特徴
  • 設備のご案内
  • リラクゼーション点滴
  • 外科治療
  • 診療Q&A