お知らせ

お知らせ

最新の内視鏡(胃カメラ)を導入いたしました。

2020年05月28日お知らせ

当院では5月よりレーザー光源を搭載した次世代内視鏡システム『LASEREO 7000システム』(FUJIFILM)を導入しました。レーザー内視鏡では通常の観察に加え、画像のわずかな色の違いを強調して表示する画像処理機能「Linked Color Imaging(LCI)」という特殊な観察方法が可能であり、腫瘍や炎症をより早期に発見可能となりなる新しい内視鏡(胃カメラ)です。また、経口内視鏡より細く、柔らかいFUJIFILMの経鼻用内視鏡(鼻から挿入する)タイプですので嗚咽も少なく、会話しながら検査を受けられます。

当院でのコロナウイルス感染に対する治療方針について

2020年04月01日お知らせ

日頃より当院をご利用いただき誠にありがとうございます。3月半ば過ぎからコロナウイルス感染症の爆発的増加の地域もある中、先日福島市でも確認されました。今後、爆発的な発生は無くとも福島市内に広がるものと考えております。当院でも以前よりウイルス感染対策を行っておりますが、さらに一層の注意を払い診療していく所存です。当院は循環器疾患、消化器疾患、糖尿病疾患を基本として診療しておりますので肺炎症状の患者さんの受診はほとんど受診がありませんが、高齢者の患者様も多くいらっしゃいますのでしばらくの間以下の点でご協力いただきたくお願いします。

《熱発で受診を希望される方へ》

基本として以下の対象者は診療はできません。該当の方は保健所に連絡していただき、指示に従っていただくようお願いいたします。

①37.5度以上の熱発が続く方

②熱発が続くとともに咳症状が強く呼吸が苦しい方、喉の症状や味覚障害がある方

③熱発が続き、ここ2週間以内の海外渡航歴、または感染爆発地域にいた方

【帰国者・接触者相談センター】

受付時間:平日9:00 〜 17:00

県北保健所(県北保健福祉事務局) TEL:024−534−4108

 

《当院をご利用されている方へ》

定期受診で来られる方の中で、風邪症状、鼻炎、その他気になることがあれば受付の際にお申し出ください。待合室内での感染を防ぐために対応させていただきます。また、しばらくの間、外来通院されている皆様には全員検温をしていただきますのでご了承ください。

 

皆様にはご不便なこともあるかと思いますが、現状できる限りの対策対応をとって参ります。当院は循環器疾患、消化器疾患、糖尿病疾患を主体とし検査治療するクリニックとなっておりますので、これらの疾患を安全に管理させていただくためにご協力よろしくお願いいたします。

野田循環器・消化器内科外科クリニック 院長

新年のご挨拶

2020年01月06日お知らせ

新年あけましておめでとうございます。
皆さまにおかれましては、穏やかに新年を迎えのこととお慶び申し上げます。
当院もこの地で野田外科胃腸科の名で開業して39年目、今までの地域のかかりつけ医に循環器科、消化器科の専門性を加えて再スタートした野田循環器・消化器内科外科クリニックに名称を変えて10年目となりました。本年も「患者様に寄りそったわかりやすい診療」を提供できるクリニックを目指し、医師・スタッフ一同、一丸となって日々努力していく所存でございます。

皆さまにとりまして幸多い年になることを心から祈念して、新年の挨拶と致します。本年もご支援とご協力をお願い申し上げます。

 

 

令和2年1月6日

野田循環器・消化器内科外科クリニック

院長  野田 芳範

電話での事前予約をお勧めします。

2016年02月26日お知らせ

当院では二人の医師が診察をしています。新患、予約外診療も行いますが、予約の患者様を優先的に診療致しますのでお待ちになる場合がございます。当日の場合でも午後診療の予約が取れますので、電話での事前予約をお勧めします。

痔の種類と治療方法は様々です。最適な治療を選びましょう!

2011年07月11日お知らせ

痔には内の痔、外の痔だけでなく、様々な痔があります。それに合わせ、当クリニックでは基本、薬物治療で保存的に経過をみるスタイルですが、保存的治療が効果がない痔に対し、1泊入院の手術(金曜日午後手術し、土曜日退院)も行っています。また、最近ではALTA療法といった痔に注射する(肛門内に注射)方法も効果が期待され、様々な施設で行われています。このALTA療法ができる施設は指定されており、当クリニックでも施設登録されております。当クリニックの治療は、①痔の状況、②患者様の仕事を含めた生活スタイル、③患者様の希望の治療を含めて、担当医がしっかり時間をかけて治癒に向かって相談に乗りますので、お気軽にご相談ください。女性で恥ずかしい患者様でも、初期治療のケースでは女性の医師が診察可能ですので、電話や直接受付でご相談ください。

ページのトップへ